iPhone修理

サイトマップ

iPhoneの水没修理の流れ

黒いiPhone

iPhoneでは防水機能が付いていないので水没させてしまうと故障してしまいます。iPhoneを水没させてしまった時にiPhone修理業者に修理に出しますが、どのような流れで行われているのか分からない人も少なくないでしょう。そこでiPhoneの水没修理の流れを見ていく事にしましょう。・パーツを分解して水没クリーニング
最初に端末のパーツを分解して特殊な薬品を使用して洗浄します。iPhoneを水没させてしまうと不純物や腐食物が付着してしまう事もあるので取り除いていきます。・乾燥させる水没クリーニングをした後は濡れたパーツは濡れた状態になっているのでドライヤーを使って冷風で乾燥させていきます。適切な方向からドライヤーを当てて乾燥させていきます。
・パーツを組み立てて動作確認
塗れたパーツが乾燥したら組み立てていきその後に電源を入れて動作確認をします。問題なければ水没修理が完了となりiPhoneが手元に戻ってきます。しかし動作確認で異常が発生したらパーツを交換しなければいけないのでもう少し時間がかかってします。
iPhoneの水没修理の流れはこのようになっていますが、復旧率は100%ではないので日常生活の中でiPhoneを水没させないように注意しましょう。

News

TOP